エポキシアクリレート

- EBECRYL(エベクリル)-


 分子構造による分類          エポキシアクリレートのグレードと特徴          エポキシアクリレートの使い方          物性一覧表


エポキシアクリレートは硬度、耐薬品性、接着性に優れています。高い反応性も魅力的です。水酸基(ヒドロキシル基)の存在により、基材との密着性が良好です。
高温環境下でも劣化しにくい耐熱性も生かして電子機器の接着剤やシール材、複合材料の接着、木工材料のコーティング剤など、幅広い用途で使われています。
原材料のエポキシ化合物が持つ高い電気絶縁性や優れた耐水性、耐薬品性により、特にエレクトロニクス製品に対して使用できるアプリケーションは今後も広がります。


分子構造による分類

エポキシアクリレートは原料にエポキシ化合物を使用しています。
使用するエポキシ化合物の種類によって、その特性が変わります。代表的なエポキシ化合物とその適用分野は以下のようになります。


エポキシアクリレートの種類
特徴
適用分野
ビスフェノール型エポキシアクリレート
  電気絶縁性、耐薬品性  
  成形品、接着剤、塗料、ガラス繊維強化材料
ノボラック型エポキシアクリレート
耐熱性、耐薬品性、電気特性
  成形材料、塗料、積層板、半導体封止材料
脂肪族型エポキシアクリレート
電気絶縁性、耐候性、高温特性
  成形品、接着剤、塗料

エポキシアクリレートのグレードと特徴


グレード例
特徴
標準グレード
  ・EBECRYL 600:透明性。OPV、木工塗料に使用可能。
  ・EBECRYL 645:メタリックインキ(例:アルミ顔料)や導電性ペーストへ対応可能。
  ・EBECRYL 3700:高い電気絶縁性。絶縁ワニスや顔料インキに使用可能
柔軟グレード
  ・EBECRYL 3701:蒸着用プライマー、プラスチックへの優れた密着性。
  ・EBECRYL 3708:高い破断伸度を発揮する柔軟性。
顔料分散性良好
グレード
  ・EBECRYL 645:メタリックインキ(例:アルミ顔料)や導電性ペーストへ対応可能。
  ・EBECRYL 3700:高い電気絶縁性。絶縁ワニスや顔料インキに使用可能
過酸化物硬化対応
グレード
  ・EBECRYL 3700:保存安定性に優れる。エポキシアクリレートの中でも過酸化物を使用した硬化性に優れる。
デュアルキュア
グレード
  ・EBECRYL 3605:エポキシの硬化(熱およびUV硬化)+ ラジカルのデュアルキュア。ハーフエポキシ。ガラスや金属への高い密着性。
    (UVACURE 1561)
その他特殊
グレード
  ・EBECRYL 3703:アミン変性ビスフェノールAタイプエポキシアクリレート。柔軟性と硬化性に優れる。
  ・EBECRYL 3702:脂肪酸変性エポキシアクリレート。柔軟性と硬化性に優れる。低臭気。
  ・EBECRYL 3603:ノボラックエポキシアクリレート。高硬度。耐熱性に優れる。
  ・KRM8762:酸変性エポキシアクリレート。金属、ガラスへの優れた密着性。

エポキシアクリレートの使い方

ウレタンアクリレートやポリエステルアクリレートと比べると、エポキシアクリレートは粘度が高く、単独だと平滑な塗膜にできず、塗工しにくい傾向があります。
そのため、モノマーや粘度調整剤との併用が必要になるため、塗膜性能の変化、成分間の相溶性に留意する必要があります。
ダイセル・オルネクスではお客様のご希望の粘度、UV硬化特性、各種性能(接着性能、塗膜性能)を伺いながら材料選定が可能です。
(既存グレードに加えて、ご要望に応じた特殊グレードの開発も承っておりますのでお困りの際はお問い合わせください。)


物性一覧表

10種類以上からお選びいただけます。
サンプル依頼、見積依頼など、右上の    お問合せ    ボタン(もしくはこちらのお問合せリンク)よりお問い合わせください。


エポキシアクリレート

製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
色相
色数
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
酸価
mgKOH/g
OH価
mgKOH/g
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
反応性 硬度 柔軟性 耐溶剤性 密着性
EBECRYL 3605
(UVACURE1561)
エポキシ樹脂
ハーフアクリレート:
カチオン/ラジカル硬化性
デュアルキュア、密着性、エポキシ当量=450 1 ガードナー
<5
1000 (60) - 1.12 43 7.8 - < 1 - 68 6 ●●● ●●● ●● ●●●● ●●●
EBECRYL 600 ビスフェノールAタイプ
エポキシアクリレート
硬度、耐溶剤性、耐沸水性、バイオベース原料使用(バイオベース炭素:22%) 2 ガードナー
<2
3000 (60) 500 1.17 67 10.8 1.5549 < 1 220 96 7 ●●● ●●●● ●●●●
EBECRYL 605 EBECRYL 600 = 75% TPGDA = 25% 低刺激性 2 ガードナー
<2
7500 (25) 500 1.17 92 - 1.5235 < 2 190 57 7 ●● ●● ●● ●● ●●
EBECRYL 645 エポキシアクリレート = 75% TPGDA=25% 顔料濡れ性、反応性、光沢、耐溶剤性 2 ガードナー
<3
16500 (25) 500 1.13 - - - < 3 - - - ●●●● ●●●● ●● ●●●●
EBECRYL 648 エポキシアクリレート = 75% OTA 480 = 25% 低刺激性、顔料濡れ性 2 ガードナー
<3
50000 (25) 500 1.14 - - - < 3 - - - ●●● ●●● ●●● ●●
EBECRYL 3500 エポキシアクリレート/
脂肪族エポキシアクリレート
強靭性、耐薬品性、光沢 2 ガードナー
<5
1350 (60) 750 1.18 35 1.6 - < 5 - 45 43 ●● ●● ●●●● ●● ●●●●
EBECRYL 3608 脂肪酸変性エポキシアクリレート=85% OTA 480=15% 硬化性、濡れ性 2 ガードナー
<2
1000 (60) 550 1.14 57 - - < 2 200 91 6 ●●● ●●● ●● ●● ●●
EBECRYL 3700 ビスフェノールAタイプ
エポキシアクリレート
硬度、耐溶剤性、光沢、バイオベース原料使用 (バイオベース炭素:22%) 2 ガードナー
<4
4300 (60) 500 1.18 65 - 1.556 < 1 - 83 5 ●●● ●●●● ●●●● ●●●
EBECRYL 3701 変性エポキシアクリレート 柔軟性、密着性 2 ガードナー
<6
7000 (60) 850 1.19 52 8.7 1.5265 < 5 - 79 7 ●● ●● ●●●● ●● ●●●●
EBECRYL 3702 脂肪酸変性
エポキシアクリレート
低臭気、濡れ性、バイオベース原料使用 (バイオベース炭素:16%) 2 ガードナー
<6
3600 (60) 500 1.14 56 1.7 1.5449 < 3 - 67 10 ●● ●● ●●● ●●● ●●●
EBECRYL 3703 アミン変性ビスフェノール
Aタイプエポキシアクリレート
反応性、硬度、柔軟性 プラスチックへの密着性 2 ガードナー
<5
4250 (60) 850 1.18 57 1.9 1.521 < 5 - 41 47 ●●●● ●●●● ●●●● ●●● ●●●●
EBECRYL 3708 変性エポキシアクリレート 柔軟性、耐衝撃性、伸度 2 ガードナー
<4
3500 (60) 1500 1.16 21 - 1.5316 < 1 - 26 112 ●● ●●● ●●●● ●●● ●●●●
EBECRYL 3603 ノボラックエポキシアクリレート =80% TPGDA = 20% 硬化性、高硬度、密着性  3 ガードナー
<5
1800 (65) 760 1.19 65 - - < 3 - 31 1 ●●●● ●●● ●● ●●● ●●●●
EBECRYL 860 エポキシ化大豆油
アクリレート
フロー性、レベリング性、濡れ性 4 ガードナー
<10
25000 (25) 1200 1.03 13 7.3 - < 15 - 7 20 ●●●●

評価法(5段階評価):なし(低い) ←→ ●●●●(高い)
TPGDA、OTA480、TMPTA、HDDA:アクリレートモノマーページ 参照

 TOPへ戻る