添加剤、配合物、特殊用途

UV硬化型樹脂へ添加することで、反応性、密着性、硬度を向上させることができる特殊グレードをご用意しています。
防汚性、親水性、顔料分散性の機能も付加させることができます。

基材密着付与剤
反応性促進助剤(アミノ変性アクリレート、メルカプト変性アクリレート)
UVカチオン硬化性樹脂
表面張力調整剤(シリコン変性アクリレート、フッ素変性アクリレート)
ハードコート剤
木工向け
ビヒクル
ガラス接着


物性一覧表

基材密着付与剤

塗膜形成において基材との密着性は重要な特性の一つですが、酸変性(メタ)アクリレートであれば強固な化学結合が得られます。 金属基材との密着性が必要な用途に最適です。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
AはAPHA
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
EBECRYL 168 酸変性メタクリレート 金属等への密着性改良
 
1.5 < 3 1700 (25) - 290 1.29 - - - - -
EBECRYL 170 酸変性アクリレート 金属等への密着性改良
 
1.5 < 6 3000 (25) - 300 1.33 - - - - -
KRM8762 酸変性エポキシアクリレート 金属、ガラスへの密着性改良
 
1.5 - 3000 (60) - 35 - 30 - - - -

反応性促進助剤
(アミノ変性アクリレート、メルカプト変性アクリレート)

硬化不良や酸素阻害が問題となる場合に、水素引き抜き反応を起こすアミン化合物(アミノ変性アクリレート)を添加することで反応が促進され改善することができます。
EBECRYL 80、EBECRYL 7100はアミノ基を分子骨格中に取り込んでいるため、硬化塗膜からのブリードアウトの心配はなく安全に使用できます。
チオール基(SH基)を有するメルカプト変性アクリレート:ADDITOL LED01もラインナップしています。

【参考】酸素阻害について
UV硬化において硬化不良の現象は避けて通れない課題です。様々な原因がありますが、もっとも多く見られる硬化不良は空気中の酸素による酸素阻害です。
UV照射時に既に塗膜に溶解拡散している酸素や溶解してくる酸素から過酸化物(パーオキシラジカル)を発生することで、重合反応は停止してしまいます。
本来のラジカル反応が進まず、硬化不良だけでなく着色を引き起こすこともあります。
改善方法として、不活性ガス雰囲気下での露光、厚膜化、光源の波長を樹脂の吸収体に適応させることなどが効果的です。
ただし、既存設備での制限、工程の追加、プロセスコストの上昇などの懸念により、実際に変更することは容易ではありません。
そのため、少量添加にてUV硬化性を向上させるアミン変性アクリレート、メルカプト変性アクリレートは機能的にも経済的にも有効です。

※添加量について
添加量が多い場合はそれ自体が硬化不良の原因となるため、少量添加を推奨しています。ダイセル・オルネクスではお客様の使用用途に応じて適切な添加量を提案しています。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
AはAPHA
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
EBECRYL 80 アミン変性高反応性
ポリエーテルアクリレート
反応性、高光沢、柔軟性、耐磨耗性 4 < 200A 3000 (25) 1000 - 1.11 50 6.2 1.471 47 7
EBECRYL 7100 アミノアクリレート UV硬化性促進、
耐水性
2 < 4 1200 (25) - - 1.10 -25 - - 3 23
ADDITOL LED 01 メルカプト変性アクリレート UV硬化性促進
 
- - 210 (25) - - 1.17 - - - - -

UVカチオン硬化性樹脂

製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
UVACURE 1561 エポキシ樹脂ハーフ
アクリレート
カチオン/ラジカル硬化性、デュアルキュア、 密着性、エポキシ当量=450 1 < 5 1000 (60) - < 1 1.12 - 7.8 - 68 6

表面張力調整剤
(シリコン変性アクリレート、フッ素変性アクリレート)

優れた表面張力調整剤としてシリコン変性アクリレートをご用意しています。少量添加するだけで表面張力を低下させることが可能です。撥水性やスリップ性のある塗膜が得られます。
フッ素変性アクリレートのEBECRYL 8110は化学構造の中にフッ素樹脂を有しており、撥水性やスリップ性に加えて、耐指紋性の機能により塗膜汚染防止剤としても有効です。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
色相
APHA
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
EBECRYL 350 シリコンジアクリレート 基材濡れ性、スリップ性付与、表面張力=21.6dyne/cm 2 < 10 350 (25) - < 7 1.05 - - - - -
EBECRYL 1360 シリコンヘキサアクリレート 基材濡れ性、スリップ性付与、表面張力=22.4dyne/cm 6 < 12 1350 (25) - < 25 1.11 - - - - -
KRM8479 シリコンアクリレート、アセトン15%含有 ハードコート向け 12 - 6000 (25) - - - - - - - -
EBECRYL 8110 フッ素変性アクリレート 撥水撥油性、スリップ性付与、
耐傷付性、耐汚染性
- - 1630 (25) - - 1.18 - - 1.46 - -

ハードコート剤

KRM8495とKRM8483は光開始剤を含むため、そのまま塗工、UV硬化可能な塗料です。ハードコート性のある撥水性塗膜を成膜できます。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
KRM8495 ハードコート剤 硬化性、耐磨耗性、
耐汚染性
- 200A 350 (25) - - - - - 1.500 - -
KRM8483 ハードコート剤、IPA=50%含有 硬化性、耐磨耗性、
耐汚染性
- 200A 12.5 (25) - - - - - - - -

木工向け

RAYLOK 1622は低粘度と透明性が特徴の天然オイル変性アクリレートです。木工へのトップコートとして好適です。
リン変性アクリレートのRAYLOK 1722は木工やMDFへの難燃性コーティングとして使用できます。リン基は主鎖と共有結合しているためマイグレーションは起こりません。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
RAYLOK 1622 オイル変性アクリレート トップコート向け
 
3 7 520 (25) - - 0.98 - - - - -
RAYLOK 1722 リン変性アクリレートオリゴマー ハロゲンフリー、難燃性、中塗り向け、透明性 リン含有量=5%、
低生産量新規化学物質
2 2.5 7100 (60) 3000 - 1.1 - - - - -

ビヒクル

製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
ガードナー
色数
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
EBECRYL 151 インクジェットインク用樹脂 良好なインク顔料分散性
 
- < 5 125 (25) - - 1.09 - - - - -
EBECRYL 152 インクジェットインク用樹脂 レットダウン用、
表面張力=35.9dyne/cm
- < 4 20 (25) - - 1.07 - - - - -
EBECRYL 8413 サーモフォームインク用樹脂 IBOA=35%含有、良好なインク顔料分散性、高伸度 2 < 2 35000 (60) - - 1.04 -35 - - 15 580
EBECRYL 1300 サーモフォームインク用樹脂 レットダウン用
 
- < 1 10000 (25) - - 1.03 - - - - -

ガラス接着

合わせガラスの中間膜として使用できるグレードです。高い耐衝撃性に加えてグラスの破片を飛散させない安全性、強靭な膜と強固なガラスにより侵入を防ぐ防犯性、防火性、ノイズを遮断し音を減衰させる音響特性など、様々な機能をガラスに付与します。


製品名 内容 特徴・用途 官能
基数
色相
APHA
粘度
[mPa.s]
カッコ内は℃
平均
分子量
[Mw]
酸価
mgKOH/g
密度
at 25℃
[g/cm3]
硬化物
Tg
[℃]
体積
収縮率
[%]
屈折率
未硬化[nD20]
引張
強度
[MPa]
破断
伸度
[%]
UVEKOL A ガラスラミネート用樹脂 防音
 
- < 20A 7 (25) - - 0.92 - - 1.436 - -
UVEKOL S ガラスラミネート用樹脂 柔軟性、耐衝撃性
 
- < 50A 120 (25) - - 1.00 - - 1.448 - -
UVEKOL S15 ガラスラミネート用樹脂 柔軟性、耐衝撃性
 
- < 50A 75 (25) - - 1.00 - - 1.441 - -
UVEKOL S20 ガラスラミネート用樹脂 柔軟性、耐衝撃性
 
- < 50A 200 (25) - - 1.00 - - 1.446 - -
UVEKOL FR-C 耐火ガラスラミネート用樹脂 耐火セラミックガラス向け、
延焼防止、耐衝撃性
- < 100A 140 (25) - - 1.38 - 10 1.482 - -
 TOPへ戻る